吉田食堂ってなんぞや?

【吉田食堂主催者・生い立ち】
兵庫県尼崎市出身。

【中学・高校時代】

漫才師・メッセンジャーの追っかけを始める。

落語とはまだ出会わず。

【大学時代】
京都産業大学落語長屋に入部。落語とようやく出会う。

芸名は”童亭美人妻”

(※ ちなみに笑福亭鶴瓶師匠は、童亭無学)
自分の”達”という名前が偶然にも同じだった桂枝雀師匠の落語と出会い、落語の面白さにも徐々に開眼。しかし芸人になることはなく普通に就職。
が、半年で退職。一念発起し某師匠に入門するも、2ヶ月でドロップアウト。暗黒の20代前半時代を過ごす。
その後、紆余曲折を経て、”落語”と再会。新作落語台本の創作、落語フリーペーパー制作、落語連載などを経て、現在は落語会プロデュース。
上方のみならず、東京の江戸落語にも深い感銘を受け、多くの師匠方に出会い、学び、感謝する日々。

【吉田食堂とは・・・】
落語イベント企画プロデュース。
(※ 大阪で一番、江戸落語が聞ける寄席を開催)
他には新作落語台本、舞台台本、脚本、ライター、評論などの文筆業なども行なっております。

【賞歴】
「落語協会の噺家が選ぶ 新作落語台本発表会」

7EBDA633-34E3-462F-A6C4-4C2A704D2D9D
2007年に三遊亭円丈師匠に演じていただいた「しゃべりざかりの花」で見事最優秀賞を獲得

0A7B4B50-6423-4E89-90DF-DC644919A3D3
2008年には柳家喬太郎師匠に演じていただいた「お父さんは心配性」で佳作と2年連続受賞

東京のみならず、活動拠点の大阪では、新作派の月亭遊方師匠、若手実力派の桂文三師匠などが新作を口演。

また雑誌「一個人」Web版にて「高座の向こう側」を連載。
http://www.ikkojin.net/blog/blog10/
ikko

2013年夏からは、東京・上野毛を拠点とする芝居ユニットto Peaceに脚本家として参加。
2013年9月、第2回公演「ガチコク‼︎」脚本
2013年12月、第3回公演「ブラックサンタ」脚本
2014年7月 Dinning space ONE PEACE 3周年記念公演「ファミリア」脚本
2013年〜2014年度は、東京で雑誌・一個人とのコラボで
「一個人 X 吉田食堂PRESENTS」落語会を開催。

【ブログ】
「吉田食堂、ドラマ好きですがなにか?」>>クリック

実は根っからのドラマ&映画好きの吉田食堂が、ブログでドラマと映画を語りまくってます。

ページ上部へ戻る